一般社団法人

クリーンエネルギー総合研究所

TEL:03-6459-3864

クリーンエネルギー総合研究所では、クリーンエネルギーの普及を通じて、皆様の安全・安心な暮らしをサポートしています。

これまでの歩みと実績

2010年

クリーンエネルギーアドバイザー認定講習を東京でスタート。そののち、全国で認定講習スタート、神奈川、福岡、大阪、名古屋。19歳から80歳までの広い層の受講。






2011年

東日本大震災の約3カ月後に20基の街路灯を宮城県石巻、女川、南三陸、東松山地区に寄贈。約5カ月後、被災者の雇用促進として宮城県で人材育成事業をスタート。エネルギーに関するコンサル業務が激増し、企業、行政、金融機関などのコンサルティング。

2012年

固定価格買い取り制度価格検討会議に参加、7月、固定価格買い取り制度スタート。業界以外の人たちの参入が多く、コンサル業務激増、特に太陽光発電。

2013年

相談及び太陽光の具体的な設置の依頼等の業務増。低圧発電所激増、不動産業界の参入による相談、コンサル業務を行う。

2014年

さらに新規参入が増え、情報、知識など混乱状態の中、メガソーラー施設などが急増。設備認定制度の見直し等のため、コンサル業務を多数行う。

2015年

多くの太陽光発電施設の未発電物件が持ち込まれる。売電価格の低下による業界の変化。

2016年

エネルギー自由化に向けた取り組み、クリーンエネルギーアドバイザー認定講習、カリキュラムリニューアル準備。

2017年

本格的に営農型太陽光発電に関するコンサルティングが業務の中心になる。パネル下での営農の作物としてキクラゲ栽培事業の展開も順調。国立大学、管理栄養士、キノコの専門家、大手商社などが参画し、レシピ開発もスタート。本格的にプロジェクトが動き出している。
ページのトップへ戻る